校長おすすめの味

私のお気に入りの店、美しい逸品などを皆さんにお伝えします。

2004年: 1月2月5月6月7月8月9月10月11月12月
バックナンバー: 2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2017年

【カゴメ「海鮮イタリアン鍋スープ」の素】

2004.12

クリスマスにお友達とイタリアン風のお鍋パーティをしたら、これがとてもおいしくてオシャレ!魚介類や野菜と煮込むだけでOK。残ったスープにご飯をいれればリゾットに、パスタを加えれば、スープパスタに楽しめます。
この冬おすすめの鍋です。


【URL】

【味の素の巻き巻き「pamaco」】

2004.11

道具がない!失敗しそう!とつい尻込みしがちだった巻き皮作り。
「pamaco」のミックス粉は水と混ぜやすく、もちもちした食感。でき上がった皮は冷めてもやわらかい。
中身は残りの焼肉でもサラダでも、カレーでもOK。デザートとしてバナナとあんこ、アイスクリームなどもGOOD。
巻き巻きパーティーで楽しみましょう。


【URL】

【信州「岡崎酒造」 清酒 亀齢】

2004.10

長野県信州上田の郷で、1706年の昔より菅平水系のおいしい水で造り続けてきたお酒です。現在も伝統的手法で芳醇高雅なお酒を醸しています。
「亀齢」は亀の齢のごとく不老長寿の美酒として味、コク、香りが揃っています。字のごとく飲みやすく、フルーティーで女性にピッタリ!
岡崎社長ときれいな奥様が伝統の味を守り続けています。

岡崎酒造株式会社
【URL】http://www.ueda.ne.jp/~okazaki/

長野県上田市中央4-7-33 TEL0286-22-0149

【澤千のうなぎ料理「ひつまぶし」】

2004.9

多治見に最高においしいひつまぶし(うなぎ)があると、ある有名な建古家の方にご招待され、はるばる行ってみました。
関東のうなぎは蒸してから焼いていますが、関西では蒸しません。浜松が分岐点でしょうか?
ひつまぶしとは、ごはんの間にうなぎをはさみ、またごはんその上にうなぎをのせてありますので、そのままでもOK。薬味もあるので、自分なりに調味してお茶漬けでもOK。
本当に行ってよかった!!!お店です。


【URL】

〈本店〉名治見市本町5-24(水休)
TEL:0572-22-3115

〈栄店〉名古屋市中区栄1-3-3 AMMNAT-B1 (月休)
TEL:052-202-7227 イサーレシュウ

【極品フカヒレ「白金劉安」】

2004.8

白金台に食文化サロンとして、フカヒレ中心のレストランができました。
まず最初にでるのが、「漢方食養湯」。中華の食材や生薬を、丸2日かけてエキスを十二分に抽出し、「食効」があり、淑女に美肌!紳士には活力!
スープの種類は5種類(白金、金、銀、貴婦人、美麗美肌)ご自分の体調にあったスープをセレクトできます。そのあとは、ウーン フカヒレずくしです。
いきいき人生125才を美しく生きましょう。


【URL】

東京都港区白金台5-13-35  TEL:03-3448-1978(11:00~20:30)
ランチ/3,900円~(12:00~15:00)
ディナー/12,000円~(18:00~23:00)
定休日 月曜

【蒲菊本店 黒はんぺん 白はんぺん】

2004.7

最近おいしい練り商品がなちお思っていましたら、静岡に美味な店を発見しました。
黒はんぺんはイワシが主な原料で、半月形にまとめ、オリジナル味付けで作ったもの。そのままでもよし、さっと焼いてしょうが醤油でもOK。
白はんぺんは、レンジで数秒温めていただくとふあっとしいる触感。
防腐剤は一切入ってないので、お早めにお召し上がり下さい。

蒲菊本店
【URL】http://www.kamakiku.com/

静岡県呉服町2-8-10
TEL:054-252-0517
FAX:054-255-7267

【土鍋「かまどさん」伊賀 長谷製陶株式会社】

2004.6

6月26日朝のTVをぼーとして観ていましたら、土鍋でおいしいご飯を炊くために、ものすごく努力をして土鍋を発明したというドキュメンタリー番組を放送していました。
私は「これだ!」と思いすぐにデバートにtel!
「伊賀焼きのかまどさん」を探しました。
ラッキーにも在庫があり、その日のうちにGET。
そし試してみることにしました。
その炊き上がりはトレビアーン!すごくおしいいのです!
早速、6月30日服部幸應先生が食事をしに、我が家にいらしたのでお出ししました。
Very Good!
この土鍋を使ってからというもの、電機炊飯器はお蔵入りになってしまいました。
お米がこれほどおしいいとは‥
めからウロコの「かまどさん」です。
この冬おすすめの鍋です。


【URL】

【イタリアン「ヴィラ ディ マンジャ ペッシェ」】

2004.5

沼津インターから約15分走るとクレマチスの丘に着きます。
ここには「花、美術館、食」をテーマに人の五感に働きかける美術館、リゾートの空気が漂っています。
こんな田舎で!どうして?
イタリアン第一人者、日高良実氏がプロデュースしたお店で、黒羽シェフが自ら沼津魚市場から仕入れ、野菜は地元契約農家の有機野菜を使用。
ランチをいただきましたが、本当においしいのです。
また行きたいです。
少々遠出ですが、楽しくておいしい日帰り旅行気分になれること間違いなし!


【URL】http://www.clematis-no-oka.co.jp/

静岡県長泉町 クレマチスの丘347-1
TEL.055-989-8787

【PARIS 「ジャンポールエバン」のマカロン】

2004.2

もうすぐバレンタインデー、心うきうきですね。
お菓子の本場、パリでもたくさんのケーキ屋さんで、チョコレートの用意万端でした。
その中でもお気に入りのお店は「シャンボールエバン」です。
日本にも参入してきましたが、チョコレートだけでなく、チョコマカロンのおいしいこと!
それからWET状のマロンもトレビアーン!日持ちがあまりしないので注意が必要ですが、これはおすすめのSweetです。


【URL】

【PARIS 「アトリエ ドウ ジュエル ロビション」】

2004.1

ロビションと言えば、フランス料理界では神様。
しかし50才に引退し、世界各地で活躍していらっしゃるロビションが、日本の六本木ヒルズとパリ7区に、素敵なお店をOPENしました。
日本のすし屋を思わせるようなカウンター形式、オーブンキッチン、室内は赤と黒で統一され、お料理は大変においしく、しかもサイズが小さい!
これは日本人にはうれしい事です。
コースもありますが、アラカルトで注文でき、自分の腹具合と調整できるのがうれしいですね。
パリに行くときは是非お試しください。
 


【URL】

PAGE TOP
Copyright (C) Yamato Cooking School. All Rights Reserved